立花B塾第2講受講。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

立花B塾第2講

 

今日は立花B塾の第2講。

先週TLIが終わってさみしさでいっぱいだったけど、またソノラスタジオに来れる喜び。安心感。

 

昨日、たちさんからB塾のフェイスブックグループに投稿があった。

第1講以降に更新したブログ記事数と、課題図書を読んだ感想と、「質より量より更新頻度」でブログを更新してどうだったか。一人3分程度で発表してくださいとのこと。

「やばい!怒られる!」

瞬間的に思った。

私はもうブログを書く意識づけはできてるから「質より量より更新頻度」で更新する必要はないって勝手に思ってた。課題図書はTLIの課題図書を未だに読み途中だからそれを読み終えてからでいいやって思ってた。なんと偉そうなことか。

でもすぐに、たちさんはそんなことで怒ったりはしないよねって気づいた。TLIで学んだ半年間でそれを知っている。実際、今日は「加点主義で考えればいいんだよ」って言ってくれた。やったらプラス、やらなかったらマイナスで考えるのではなく、ブログを1記事更新したらプラス2点、本を10分読めたらプラス3点という感じ。

私が「ヤバイ!」って思うのは長年抱いた劣等感思考。思考のクセ。それに気づけただけでTLIを受講した甲斐がある。

 

話がそれてしまったけど「前日にそんなこと言われてどうしよう」なんて焦ってみてももう遅い。講座は明日なのだから。

ブログ数をとりあえず数えてみる。前回から20記事書いていた。思ったより書いてる。課題図書は今日の午前中に読めるだけ読むことにした。これでよし。気持ちを切り替えて今日の講座に望む。

 

今日の第2講のテーマは習慣化となりたい自分について。

ブログを書く習慣ができるまでは、1行でいいから毎日更新すること。まさに「質より量より更新頻度」。

初心者は書くことに慣れていないからうまく書けないし、文章がたどたどしくなる。脳から指先を通りパソコンをタイピングするまでの神経回路が細いからだ。この神経回路が太くなるまで達成のポイントをバカバカしいほど簡単にする代わりに必ず毎日実行する。習慣化していくことによって、この神経回路を太くする。そのかわり、この間は成果を求めない。求めていい成果は実行したことだけ。

 

いやいやいやいや、おっしゃる通りだ。

この1週間、ブログを1記事もアップできなかった。TLIの半年間を振り返った記事を書こうと思って少しずつ書いてはいたものの、思ったことをうまく書けなくて結果的に1記事もアップできない状態になっていた。神経回路がまだできあがっていない証拠だ。

「質より量より更新頻度」

こういうことね。素直に反省。

 

「なりたい自分」チャレンジ。

これはちょうどこれから書きたいなって思っていたこと。今すぐにでもやりたいことは、ウクレレ買うこととボイストレーニングに行くこと。なぜウクレレとボイトレなのかはまた別の記事で。

やりたいことを写真1枚載せて1行書くだけなら嫌でも続けられそう!むしろブログにアップするの楽しそうだし!ワクワクする。

たちさんのお話聞いてたら、やりたいことリスト、アップしたくなってきた。

やりたいことに沢山チャレンジして人生を謳歌している人。そんな人になりたいなぁ。そしてそれを発信していきたい。

 

目指すは「あるがままブランド」って言うお話もあった。得意なこと、強みだけでなく、苦手なことも失敗したことも書いていいし、ネガティブなことも書いていい。それが私の人間性だから。私は今は思ったことを書くスタイルでしか書けないから、まさに「あるがまま」に書きたいことを書いていこうと思います!

 

習慣化は「楽に楽しく」が鉄則だそう。いいよね、「楽に楽しく」。ゆるくいきたい私にピッタリ。

 

というわけで、今日も刺激いっぱい、気づきがいっぱいの立花B塾第2講でした。

今日もありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加