マニラの空港のタクシー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

マニラの空港のタクシー。

できることなら乗りたくない。

今回、フィリピン留学の前にエルニドに行くことにした。

 

マニラってやっぱり危ないイメージ。

今まで何度かエルニドに行ったけど、空港出ないのが一番安全だと思うから、フライトの乗り継ぎはいつも空港から出ないで過ごしていた。

 

2017年にビザの取得のためにマニラに滞在して、ちょっとだけマニラを知った。

だから今回は、マニラで1泊してゆとりを持ってエルニドに向かうことにした。空港で過ごすの結構しんどいから。

 

マニラの空港のタクシーには、クーポンタクシー、イエロータクシー、レギュラータクシーと何種類かある。この他にもグラブタクシーなど。

 

あるサイトで初心者にはイエロータクシーがおススメとあったから、今回はイエロータクシーに乗ってみることにした。

マニラの空港のタクシー乗り場には、必ず日時、行き先、カーナンバーなどを書いてチケットを渡してくれる人がいる。

今回マニラに到着したのは夜10時頃。なんでこんな時間選んじゃったんだろうって思ったけど、後の祭り。

イエロータクシーに乗り込んだら、ドライバーが乗り場で渡されたチケットを渡せと迫ってきた。

何も考えずに渡しちゃったんだけど、渡しちゃダメだった。

イエロータクシーだから安心と思って乗ったのにメーターの回りが早すぎる。

マカティのホテルまで高くても300ペソで行ける。

早くホテルに到着したかったからスカイウェイを通るようにお願いした。

スカイウェイの料金はターミナル3から45ペソ。これは料金所で私がお金を出す。

夜中だったから特に渋滞もなくホテルまで到着。20分程度。

ホテルに到着した時点でのメーターは570ペソ。通常の倍。

しかも細かいお金持ってなかったから600ペソ渡したら「チップ?」だって。

本当は「高すぎるでしょ!」「お釣りちょうだい!」って言いたかったんだけど、久々の海外に夜中だったからそのままお釣りも貰わず退散しちゃった。。。

空港のタクシー乗り場で渡されたチケットをドライバーに渡さなかったとしても、多分「ボッタクられたからどうにかして!」なんて訴えないと思うけど、チケット渡しちゃった自分に超後悔。

 

翌日、エルニドに向かうためにホテルでタクシーを呼んでもらって、空港へ。

グラブタクシーを呼んでくれて、事前に「280ペソかかるけど良い?」って聞いてくれる。

正規料金の範囲内だってわかってるから、もちろんOK。

スカイウェイを通らずにマカティのホテルからターミナル4まで30分程度で到着。

 

今回の旅程は、エルニドから戻ってきたら、マニラでまた1泊して留学先のバギオに向かうことにしていた。

エルニドから戻ってきたら、今回はレギュラータクシーを使ってみた。

いつもの通り、空港でカーナンバーなどを書いたチケットを貰い、乗車。

乗り込んだ途端、「もうガソリンが1メーター分しかないんだ。ガソリンスタンド行っていい?」だって。

ガソリン入れて出発。

この時も夕方で早くホテルに着きたかったからスカイウェイを通ってもらう。

ターミナル4からマカティまでのスカイウェイ料金は35ペソ。だったかな?

メーターは早く回ることもなく普通のようだった。

それでもこの日は3連休前の金曜日の夕方6時半頃だったのでスカイウェイも大渋滞。

渋滞抜けるたびにこのドライバーは「サンキュー!サンキュー!」って喜んでて、こちらこそ「サンキュー!サンキュー!だよ」なんて思ったりしてた。

マカティのホテルに着いた時点でメーターの料金は270ペソ。空港からの所要時間は約1時間。

良心的なドライバーに当たれば、渋滞で1時間かかっても270ペソで来れるなんて、本当「サンキュー!サンキュー!」だよね。

いまいちチップの習慣もいまだによくわかってないけど、迷わず300ペソ渡して「お釣りはいらないよ」って言えた。

 

このドライバーはグラブタクシーの対応もしているみたいで、私がホテルに到着した時点で他のお客さんが乗り込もうとしてたら、「Grabの予約があるから」って断ってた。

マニラの空港からタクシーに乗るときにはやっぱりGrabを使うのが一番良さそう。

実際、バギオの語学学校に来て、他の生徒の人達もイエロータクシー使ったらメーターの回りが早くてボラれたって言ってたし、フィリピン人の先生ですら、マニラに行った時はGrabが一番だからグラブタクシーを使うって言ってた。

マニラの空港にはGrabのカウンターが必ずあるから、アプリをダウンロードしていなくてもグラブに乗れる。

次、マニラの空港からタクシーに乗る機会があれば、グラブカウンターに並んで乗ってみます!

グラブタクシーを装って話しかけてくる人もいるみたいだからそこは気をつけないとね。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加