お参りがわかってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

1/3に成田山新勝寺に初詣に行った。

ここは厄年にお詣りに行って以来、ほぼ毎年お詣りしてる。

お賽銭して、お詣りして、お護摩祈祷する。これが毎回の流れ。

今回は、お護摩祈祷が始まるまでのお坊さんのお話が面白かった。

不動明王様が怒っているのは優しさからだということ、NHKのチコちゃんが怒っているのと同じで、ぼーっと生きないように怒っているのだという。

また、お護摩祈祷の炎は2018年に溜まったストレスや垢を燃やし、新たな気持ちで2019年をスタートさせることができるためとのこと。

このお話のおかげで、祈祷の間、私の魂をイメージしながら、魂についた汚れや垢が無くなってキレイな魂が出てくることをイメージしながら祈祷することができた。

このときイメージした私の魂は、ワラ人形の形をしたガラスとかダイアモンドでできた透明な固い人形。

このイメージのおかげか、祈祷中、心が開く感覚とか、脳が緩む感覚を感じた。これは、今までお詣りしてきて感じたことがない感覚。

成田山新勝寺では、祈祷中に御真言を唱える。

いつも両親と一緒に行くので、手を合わせてお祈りしてる姿を見られたらバカにされるんじゃないかって思っていたのだけど、今年は自分の世界で生きると決めたので、誰が何と思おうと魂の垢を落とすために目を閉じ、御真言を唱えた。魂の垢が少し無くなって、キレイな魂が出てきた感じがした。

祈祷後、本堂を出ておみくじを引く。これも毎年恒例。

なんと、大吉!

今はまだ輝いていないけど、磨けば輝く原石だから努力を惜しまないように、ってそんなことが書いてあった。

ありがたい。

人生の転換点にいる私にエールを送ってくれているかのよう。

はい!努力を惜しまず精進します!

よろしくお願いいたします!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加